バッグ

  • ¥ 14,040
  • 六つ目(籠目)をベースにし上部の編みを菱形にして軽快に(すきまを大きく)した手つきのかごです。 「dia」はダイヤ(菱形)の意味。 雑誌などの紙もの、布ものや毛糸などの整理に。存在感のあるお部屋のインテリアになります。 キッチンでは、野菜や果物、台所用具などをまとめるのにもよし。また、買い物かごとして、ピクニックやBBQへお弁当・お茶道具などを入れて外にも連れ出してください。竹かごは何を入れてもフォトジェニック。底がしっかりと広いので、車のシートにぽんと置いても安定します。 とても軽く、目(すきま)が大きく開いていますが、それを逆に生かして中にカラフルな布や風呂敷など入れると華やかになりますし、実用面でも堅牢な国産の竹を使っているのでとても丈夫です。 竹の持ち手を底まで回しているので、少々ものをいれた場合にも安心です。また、生地の薄いエコバッグなどのように中に入れたものが型くずれをおこしたり、斜めになって汁がこぼれるなどの心配もありません。 【外形寸法】開口部 長径:270、短径:260、高さ:135〔持ち手を含むと350〕 (※単位mm) 【素材】マダケ(大分県産)

  • ¥ 75,600
  • 落ち着いた竹の漆塗りバッグで、お出かけスタイルを一際グレードアップしませんか。着物(和装)にはもちろん、持ち手がモダンな革ですので洋装にも。 伝統工芸である別府竹細工の熟練した職人が丁寧に細部までしっかりと作り込んでいます。 横長の美しいフォルムで、存在感と使い勝手の良さを兼ね備えています。持ち手には手が痛くならないように竹や籐ではなく本革(栃木レザー)を採用、内側には巾着状の袋を貼り、片側1つ、もう片側2つ、計3つの便利なポケットをつけています。 ※内袋(巾着)の色は、写真の並び順で、紫、藤紫、青紫(菖蒲)、黄(辛子)、ひすい(ターコイズ)、うぐいす(抹茶)、きなり、と七種類あります。ご注文の際に指定ください。(各色の在庫数は増減いたします。品切れ時には、色の選択肢からなくなります。御容赦下さい) 【寸法(籠部分)】300×90×125mm (幅×マチ×高さ)  ※持ち手を含んだ高さ:約270mm 【素材】マダケ(大分産)、牛革(栃木レザー)

  • ¥ 35,640
  • 「LUXE(リュクス)なスタイル ~安らぎのある贅沢、心の余裕を感じさせる豊かさ~」 そんな思いをこめ、素材である bamboo と言葉を組み合わせ、「bamluxe」と名づけました。 そんな「bamluxe」シリーズのトートバージョンです。 丸みを帯びたフォルムで、容量も大きく、肩にかけられるよう革の持ち手も長めにしてあります。また、上部の縁(ふち)を柔かく仕上げており、開口部をすぼめることが出来ますので、肩にかけ脇にフィットさせれば、大きさも気にならないかと思います。 受注生産品となるため、ご注文確定(決済)後、納期としてはおおむね3~5ヶ月程度となります。 【寸法】300 × 150~200 × 220 mm (幅×マチ×高さ)  ※革持ち手幅 17mm  ※革の色は、写真のナチュラルの他、ダークブラウン、ブラックもお選びいただけます。ご注文の際に指定ください。 【素材】マダケ(大分産)、籐(インドネシア産)、牛革、コルク

  • ¥ 16,200
  • 【ご注文後、1ヶ月ほどでお届けします】 「LUXE(リュクス)なスタイル ~安らぎのある贅沢、心の余裕を感じさせる豊かさ~」 そんな思いをこめ、素材である bamboo と言葉を組み合わせ、「bamluxe」と名づけました。 そのbamluxeシリーズの中で、最も軽快な「marche(マルシェ)」。 ちょっとしたお買い物に、お出かけに。 上部の真ん中を革ヒモで絞って留めることができますが、入れるものがかさばる場合はかごを開いた状態でも大丈夫。 手ぬぐい、風呂敷、あずま袋などと組み合わせれば、編みの隙間から色があふれて、世界にひとつのすてきなかごバッグになります。 (持ち手は現在、黒と茶の二種類を準備していますが、他の色も作成可能ですので、お問い合わせ下さい。) 【寸法】330×160×190mm (幅×マチ×高さ。持ち手は含まず)  ※革持ち手幅 15mm 【素材】マダケ(大分産)、籐、牛革

  • ¥ 43,200
  • 「LUXE(リュクス)なスタイル ~安らぎのある贅沢、心の余裕を感じさせる豊かさ~」 そんな思いをこめ、素材である bamboo と言葉を組み合わせ、「bamluxe(バンリュクス)」と名づけました。 そのbamluxeシリーズの中でも最上級タイプのsuperior。 やわらかな革を、持ち手、上部カバー、底四隅、に配し、上品に仕上げました。清々しくて艶のある象牙色の竹には、鮮やかな色、落ち着いた色、いずれも映えます。幅(マチ)は抑え目に、しかしA4サイズ(iPad、小型のノートPCなど)も楽に入る大きさです。 内側には帆布を貼り、片側1つ、もう片側2つ、計3つの便利なポケットつきです。 受注生産品となるため、ご注文確定(決済)後、納期としてはおおむね3~5ヶ月程度となります。(時期・革色によってはもう少し早くご提供できる場合もございます) 2016年3月「菊池亜希子ムック マッシュ vol.9(小学館)」に紹介いただきました。→ https://www.shogakukan.co.jp/books/09103775 【寸法】350×120×240mm (幅×マチ×高さ)  ※革持ち手幅 14mm  ※革の色は、レッド、ダークブラウン、ブラック、ナチュラルもお選びいただけます。ご注文の際に指定ください。  ※金具、革の仕様は変更することがあります。 【素材】マダケ(大分産)、籐、牛革、コルク

  • ¥ 32,400
  • 「LUXE(リュクス)なスタイル ~安らぎのある贅沢、心の余裕を感じさせる豊かさ~」 そんな思いをこめ、素材である bamboo と言葉を組み合わせ、「bamluxe」と名づけました。 そのbamluxeシリーズの中で、一番最初に誕生した「L」。 竹カゴでよくある「買物かご」ではなく、女性が気軽に街に持ちだせるということを想定しています。革の柔かい持ち手で、幅は抑え目に、A4サイズがちょうどおさまる大きさです。 受注生産品となるため、ご注文確定(決済)後、納期としてはおおむね3~5ヶ月程度となります。 【寸法】360×120×220mm (幅×マチ×高さ)  ※革持ち手幅 14mm  ※革の色は、写真のナチュラルの他、ダークブラウン、ブラックもお選びいただけます。ご注文の際に指定ください。  ※金具、革の仕様は変更することがあります。 【素材】マダケ(大分産)、籐(インドネシア産)、牛革、コルク

  • ¥ 32,400 SOLD OUT
  • 着物(和装)にも洋服(洋装)にも合わせやすい、落ち着いた中にも華やかさを秘めた、個性的でハイセンスなバッグの「サマーバッグ」。あえて内貼りや巾着などは付属していません。編み目の隙間から中が見えることで、より涼しげな印象です。 その華やかさを演出する表面の繊細な「花六つ目編み」。熟練の職人が丁寧に時間をかけてつくっています。 また、細かいところですが、縁(フレーム)は籐の皮を薄く削ったものを巻いています。通常、和風の竹かごバッグですと、濃い色に染色してしまうところですが、ここは敢えてマットで自然な感じを生かしています。竹よりも早く、飴色になり、また艶が出てきます。どうぞやさしくなでて、ゆっくり育ててみてください。 【寸法】290×90×140mm (幅×中央部マチ×高さ)  ※持ち手含まず(持ち手を含めた高さ:約300mm) 【素材】マダケ(大分産)、籐(インドネシア産)、合皮

  • ¥ 39,000 SOLD OUT
  • 従来の着物(和装)のみに合う竹編みバッグではなく、洋装に合わせ肩に掛けて、特にカジュアルな使い方が出来るポシェットに近い軽快さを持つ個性的なバッグです。 「網代編み」は、とてもポピュラーな編み方ではありますが、熟練の職人が丁寧に時間をかけてつくっています。表面に染色、塗装(コーティング)などは一切してありません。「晒し竹」(青竹を油抜きして天日に干すのみ)のもともと艶のある象牙色を、十年、二十年と……ゆっくりと飴色に育ててみてください。 中はシンプルに生成りの帆布生地で、ショルダーストラップの革部分には栃木レザーを使用しています。蓋も同様に帆布の生地で、やさしく被せる(置く)ような構造です。巾着状の袋(バッグインバッグ)を中に入れるというアレンジも良いかもしれません。 【寸法(籠部分)】約200×85×230mm (幅×中央部マチ×高さ) 【重量】約250g ※ショルダストラップ含む 【素材】マダケ、籐、帆布、本革(栃木レザー)

  • ¥ 14,000 SOLD OUT
  • 竹を「編む」というよりは「組む」方法で作られています。こうした作り方の四角い籠は「角物」(これに蓋がついたものを「豆腐籠」)と呼ばれ、熊本、鹿児島、大分など九州各地に専門の職人が数多くいましたが、今では風前の灯火……。 そんな角物を現代の生活で使いやすいサイズにしたシンプルなものです。ピクニックへ持っていくお弁当、お茶道具、あるいは自宅で、裁縫道具、布もの……入れるものはお好みです。マガジンラックとしても使えるでしょう。 (ふたつ並んでいる写真が一枚ありますが、こちら「M」サイズはその右側、スリムな方です) 【外形寸法】縦:170、横:250、高さ:150 (※単位mm、持ち手は含みません) 【素材】マダケ(大分県産)

  • ¥ 35,640 SOLD OUT
  • 八つ目編み(正確に言うと「二本とび八つ目編み」)は、整然とした模様が美しく、かつ、六つ目編み(籠目)などよりも隙間が詰まっているので、より堅牢です。籐の椅子座面などを想像する人も多いのではないでしょうか。影も美しいですね。 このバスケットは、持ち手と中敷を草木染めしてあり(ススキ)、ナチュラルな感覚にあふれた一品です。フォルムとしては、底部分より開口部の上に向かって少し広がっており、安定して、物も入れやすくなっています。 【寸法】 ・開口部(上):470 × 240 mm (幅×マチ) ・底:350 × 150 mm (幅×マチ) ・かご部分高さ:240mm (※持ち手を立てたときの高さ:500mm) ・中敷:370 × 170mm 【重量】530g 【素材】マダケ(大分産)

  • ¥ 16,200 SOLD OUT
  • 竹を「編む」というよりは「組む」方法で作られています。こうした作り方の四角い籠は「角物」(これに蓋がついたものを「豆腐籠」)と呼ばれ、熊本、鹿児島、大分など九州各地に専門の職人が数多くいましたが、今では風前の灯火……。 そんな角物を現代の生活で使いやすいサイズにしたシンプルなものです。ピクニックへ持っていくお弁当、お茶道具、あるいは自宅で、裁縫道具、布もの……入れるものはお好みです。 (ふたつ並んでいる写真が一枚ありますが、こちら「L」サイズはその左側、すこし大きな方です) 【外形寸法】縦:225、横:285、高さ:140 (※単位mm、持ち手は含みません) 【素材】マダケ(大分県産)

  • ¥ 48,600 SOLD OUT
  • 着物(和装)にも洋服(洋装)にも合わせやすい、落ち着いた中にも華やかさを秘めた、個性的でハイセンスなバッグです。スリムなので、使いやすさも両立しています。 その華やかさを演出する表面の繊細な「花六つ目編み」。熟練の職人が丁寧に時間をかけてつくっています。中は可愛い花柄の生地で便利なポケットつき。 また、細かいところですが、縁(フレーム)は籐の皮を薄く削ったものを巻いています。通常、和風の竹かごバッグですと、濃い色に染色してしまうところですが、ここは敢えてマットで自然な感じを生かしています。竹よりも早く、飴色になり、また艶が出てきます。どうぞやさしくなでて、ゆっくり育ててみてください。 【寸法】280×110×210mm (幅×中央部マチ×高さ)  ※持ち手含まず 【素材】マダケ(大分産)、籐(インドネシア産)、合皮